2011年06月11日

東日本大震災 3ヵ月後の宮城

東日本大震災から3ヶ月のこの日、宮城県仙台周辺の身内と知人の所を一気に訪ねてきました。

仙台東部道路が堰の役目を果たし、その西側は津波の影響はなく、震度6の地震被害が散見される状況でした。

名取のK親子
屋内の壁紙が少しずれた他は大丈夫との事でした。

20110611_01.jpg

東松島のNさん一家は安否が気遣われていましたが、全員無事でした。
家の被害は無かったとの事ですが、車が流されて買い直ししてました。

20110611_02.jpg

家の裏側の大きな石が崩落していました。

20110611_03.jpg

東松島市宮戸は報道で何度も見ていましたが、実際に現地を訪れると津波の甚大な被害で、復旧には程遠い悲惨な状況です。

漁協の建物は無残な姿のままでした。

20110611_04.jpg

奥松島運動公園の陸上トラックは瓦礫の集積場(4段積み)です。
家屋の瓦礫がほとんどです。

20110611_05.jpg

こちらは布団マット類の山でした。

20110611_06.jpg

家がさらわれ基礎だけが残っていました。

20110611_07.jpg

立派な住宅も自然の脅威には勝てません。

20110611_08.jpg

大津波が1階建ての屋根を越えたようです。

20110611_09.jpg

形は残っていても住む事はできません。

20110611_10.jpg

松島の街中は営業中の土産物屋の傍らで復旧作業中でした。
少しですが観光客が見受けられました。

20110611_11.jpg

会員のOさん宅は高台で新築のため被害は無かったんですが、同会員で息子のYさん宅は家屋が傾き基礎にもヒビが入ったとの事でした。

Yさんに代わりOさんにFSAD協会より支援金と御見舞をお渡ししてきました。

20110611_12.jpg

被災地域の一日も早い復興を祈ります。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。