2004年12月01日

ひさしぶりです:元こーちょう

近況報告です
昨年の12月16日に入院し、今年の4月10日退院。(膠原病*皮膚筋炎)
その後、自宅療養・通院治療。
喪失した筋力を取り戻すのに、3〜5年くらいはかかるようです。私のホームぺージを見て下さい。
治療の薬は「プレドニン」1種類しかなく、しかも副作用がきつい。この薬の副作用の一つである、骨がもろくなる、ことは知っていたんですが、軽く見たため8月に骨折(年寄りらしい骨折)し、気が付かずにいたため10月20日入院時には、歩けない・立てないという悲惨な状態になりました。約1ヶ月入院。現在はコルセット装着で少しなら歩行も可能になりました。
いずれ、必ずゲレンデに復帰します。
ゲンンデに立てるということ自体がどんなに素晴らしいことか・・・いましみじみと味わってます。皆さん、滑れることの楽しさを十二分に味わって下さい。
必ず、絶対に 復帰します。

スキーじゃーやる管理人
現役引退後にいきなり病気患うのは、心身ともに負担が大きいですね。 ゆっくり自分のペースで復帰計画を立てて下さい。
チェアスキーを使用しているメンバーも、受傷直後はスキーが出来るなんて思ってもみなかった事でしょうけど、きっかけと周りの人の理解で、不可能を可能にしてきたんだと思います。
ゲレンデで待ってますよ!
posted by 管理人 at 15:15| Comment(0) | みんなのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする